親子で楽しむダイビング

ダイビングって今までとはちがった世界が広がるという意味で、他のスポーツとは一線を画していますね。
スキューバダイビングを趣味とするのには、まずはダイビングライセンス(Cカード)を取得することが必要です。
ダイビングライセンスを取得するコースを南の島へ旅行に行ったときに受ける人もいますし、近場の海で受ける人もいます。
スキューバダイビングの指導団体が定めたカリキュラムを終了するとライセンスが発行されます。
PADIという指導団体の特徴は、マニュアルで内容が決まっていて、世界のどこで受けても同じクォリティの講習が提供されています。
PADIダイビングスクールの中でも、5スターというランクのショップで受講すると、ゴールドカードが発行されます。
ダイビングショップを選ぶ際は、やはり実際にインストラクターと話をしてみるのが一番です。信頼できるスタッフのいるお店を選びましょう。
ダイビングスクールの主催するダイビングツアーに参加していると、楽しい仲間がどんどん増えていきます。
伊豆へのダイビングツアーなら、帰りに温泉に入ったり、おいしい海鮮料理が食べれるのも魅力です。
そして、海外へ初めて潜りに行くのなら、グアムのダイビングがお勧めです。なんとイルカも見れてしまいます。
もし、ダイビングに興味はあるけどいきなりのライセンスは不安というのなら、体験ダイビングでお試しというのも良いかもしれません。
中には、75歳でダイバーデビューなんていう方もいるほどで、中高年向けのダイビングコースも開催されています。

ダイビングを始めるのには何か特別な手順がいるのでしょうか?
スキューバダインビングのライセンスは、本当はCカードと言いますが、Cはcertification(認定)の略です。
ダイビングライセンスを取得するのは、最初に学科講習、そしてプール講習、最後に海洋実習という流れです。
スキューバダイビングの指導団体に所属するインストラクターが提供するコースを無事に終了するとダイバーとして認定されます。
PADIという指導団体が発行しているCカードなら、世界中で一番多く発行されていますのでどこに潜りに行っても通用します。
PADIのダイビングスクールを探すのには、PADIジャパンのホームページに載っているショップリストを見ると良いでしょう。
ダイビングを楽しく続ける為には、自分に合ったダイビングスクールを選ぶことがポイントです。その為にも実際に足を運んでチェックするのが一番ですね。
ダイビングスクールの企画したダイビングツアーに参加するとお友達もたくさんできるので、ひとりで始めても安心です。
神奈川や東京のダイビングスクールで多いのは、やはり伊豆のダイビング。日帰りでも行けるのが魅力です。
そして、伊豆のダイビングで実力がついたら、いよいよ海外デビュー!最初はグアムのダイビングがお勧めです。
いきなりダイビングライセンスはちょっと不安・・・というのなら、体験ダイビングに挑戦してぜひ一度海の中をのぞいてください。
中高年向けのダイビングコースを開催しているスクールもありますから、ダイビングは若い人のスポーツなんて言わずに誰にでも挑戦して欲しいですね。