ビーチダイビングとボートダイビング

ダイビングは一度はやってみたいスポーツとして、根強い人気があります。
スキューバダイビングの場合は、シュノーケルと違ってライセンスを持っていなければなりません。正確にはCカードと呼ばれます。
ダイビングライセンスを取得するのは、最初に学科講習、そしてプール講習、最後に海洋実習という流れです。
スキューバダイビングのライセンスコースは、指導団体が定めた安全に潜れるようになるためのカリキュラムに沿って行われます。
世界のどこでも通用するダイビングライセンスとして、PADIのライセンスがあります。世界中のダイバーの6割ほどがPADIのCカードを持っているのです。
日本でもダイビングスクールはPADIのカリキュラムを提供しているショップが圧倒的に多いです。
ダイビングショップを選ぶ際は、やはり実際にインストラクターと話をしてみるのが一番です。信頼できるスタッフのいるお店を選びましょう。
ダイバーになったら、いよいよダイビングツアーに参加しましょう。同じ趣味の仲間がたくさん増えるのも楽しみのひとつです。
伊豆のダイビングポイントでは、ビーチダイビングやボートダイビングなど様々なバリエーションが楽しめます。
そして、南の島へ行くのならグアムのダイビングがいち押しです。ボートで移動しているとイルカが迎えてくれます。
もし、あなたが泳ぐのが苦手なんて言うのなら、まずは体験ダイビングを試してみるのもひとつの方法かもしれません。
中には、75歳でダイバーデビューなんていう方もいるほどで、中高年向けのダイビングコースも開催されています。

ダイビングを始めると世界が変わるなんてよく言われますが、本当にそうなのでしょうか?
スキューバダイングをするのには、まずCカードといわれるダイビングライセンスを取得することが必要です。
ダイビングライセンスを取得するコースは、南の島で受けることも、日本で受けることもできます。
実はスキューバダイビングライセンスを発行している団体というのは、ひとつだけではないのです。
ダイビングライセンスを発行している指導団体にPADIという団体がありますが、マニュアルでしっかりと内容が決まっているのでクォリティの高い講習を受けることができます。
日本でもPADIに所属しているダイビングスクールが一番いので、あなたの自宅近くにもPADIダイビングショップがあるかもしれません。
ダイビングショップを選ぶ際は、やはり実際にインストラクターと話をしてみるのが一番です。信頼できるスタッフのいるお店を選びましょう。
ダイビングを通して新しい仲間を作るのなら、ショップ主催のダイビングツアーに参加するのが一番近道です。
東京や神奈川のダイビングスクールでは、伊豆のダイビングツアーを多く開催していますが、1泊して温泉でのんびりなんていうのもいいですね。
そして、南の島へ行くのならグアムのダイビングがいち押しです。ボートで移動しているとイルカが迎えてくれます。
もし、ダイビングに興味はあるけどいきなりのライセンスは不安というのなら、体験ダイビングでお試しというのも良いかもしれません。
最近は中高年でダイビングを楽しんでいる方も多くなりました。70代のダイバーなんて、めずらしくないんですよ!