ダイビングは体力勝負じゃありません

ダイビングって今までとはちがった世界が広がるという意味で、他のスポーツとは一線を画していますね。
スキューバダイビングを趣味とするのには、まずはダイビングライセンス(Cカード)を取得することが必要です。
ダイビングライセンスを取得するのなら、ダイビングスクールでコースを受けるのですが、大体4日ほどで認定されます。
スキューバダイビングのライセンスコースは、指導団体が定めた安全に潜れるようになるためのカリキュラムに沿って行われます。
ダイビングライセンスの中でも、世界で一番流通しているのはPADIという団体が発行しているもので、どこに行っても通用します。
日本のダイビングスクールも、やはりPADIに所属しているダイビングショップが多く、特に優良店は5スターというランクになります。
せっかくダイビングを始めるのなら、自分に合ったダイビングスクールを選びたいですね。値段だけでなく、気が合うスタッフがいることが大切です。
ショップ主催のダイビングツアーに参加していると仲間がすぐにできますし、彼氏や彼女を見つけてしまうこともめずらしくありません。
神奈川や東京のダイビングスクールで多いのは、やはり伊豆のダイビング。日帰りでも行けるのが魅力です。
そして、伊豆のダイビングで実力がついたら、いよいよ海外デビュー!最初はグアムのダイビングがお勧めです。
もし、ダイビングに興味はあるけどいきなりのライセンスは不安というのなら、体験ダイビングでお試しというのも良いかもしれません。
中高年向けのダイビングコースを開催しているスクールもありますから、ダイビングは若い人のスポーツなんて言わずに誰にでも挑戦して欲しいですね。

ダイビングを趣味にしていると、海外旅行もより楽しくなりますね。
スキューバダイビングをするためには、まずダイビングライセンスを取得することが必要ですが、正確にはライセンスではなくCカードといいます。
ダイビングライセンスを取得するのなら、ダイビングスクールでコースを受けるのですが、大体4日ほどで認定されます。
スキューバダイビングの指導団体に所属するインストラクターが提供するコースを無事に終了するとダイバーとして認定されます。
ダイビングの指導団体のひとつにPADIというのがありますが、世界中のダイバーの約6割はPADIのライセンスを持っているのです。
PADIのダイビングスクールなら、学科、プール、海洋実習をそれぞれ別のショップで受けることも可能です。
せっかくダイビングを始めるのなら、自分に合ったダイビングスクールを選びたいですね。値段だけでなく、気が合うスタッフがいることが大切です。
ショップ主催のダイビングツアーに参加していると仲間がすぐにできますし、彼氏や彼女を見つけてしまうこともめずらしくありません。
神奈川や東京のダイビングスクールなら、伊豆のダイビングポイントに行くツアー多いでしょう。
そして、伊豆のダイビングでスキルアップしたら、いよいよ沖縄ダイビングデビューです。エメラルドグリーンの海が待っています。
時々何度も体験ダイビングをしている人がいますが、やはり認定ダイバーになると楽しみの幅がちがいます。
最近は中高年向けのダイビングコースを開催しているショップもありますから、親子でダイビングを楽しむのも良いですね!