浮気の罪・・・

浮気をする理由って人それぞれだと思いますが、私が浮気をした理由は寂しかったからです。例えば付き合っている彼氏が全然メールの返事をくれなかったり、彼女よりも仕事や友人を優先したり、だんだん私に飽きてきたのがわかった時です。寂しいという理由で浮気をしたことはありますが、彼に対して不満がなかったら浮気はしません。

 

女性って寂しいと浮気することありますよね。でも男性は何も彼女に不満がなくても、タイプの女性がいると浮気をすると思うんです。それは男女の違いなので仕方ないのかなと思います。でももし彼氏が私に不満がないのに浮気をしたら、絶対に別れます。そんな人と結婚なんてできないですし、付き合っても時間のムダだと思います。浮気をしたいと思っても我慢できる男性と結婚したいです。そこで我慢ができたら、本気で彼女のことを愛していると思うんです。

 

人間誰でも間違いがあるので一度の浮気、もしくは理由のある浮気なら許したいと思っています。友人で浮気したらどんな理由があろうともダメという人がいますが、私は違います。男性はやはり浮気するものだと思っているので、理由があったらチャンスを与えるべきだと思います。浮気をされた時は別れたいと思いますが、その後だんだん冷静になってきて、本当に別れてしまったも良いのか考えたほうが良いと思います。たった一度の浮気で別れるなんて、もったいないと思うんですよね。

 

でも基本的に浮気は許せません。

続きを読む≫ 2016/05/05 17:24:05 ws

私の周りでも浮気をした、されたという話を聞きますが、その中で浮気から本気になって幸せになったという話は殆ど聞きません。大抵は乗り換えた後に何だかんだと問題が生じ、あれだけ熱愛を見せつけていたカップルが短期間で別れていくのです。私なりに何でかなと考えてみたのですが、やはりそこには「障壁があってこそ恋愛の情熱は高まる」というロミオとジュリエットのような心理が働いているのではないかと考えるに至りました。
この場合の障壁とは、現段階で付き合っている恋人を指しますよね。そしてもう一つ、世間一般が持ちうる倫理観もこの障壁に該当するでしょう。自分たちはこの倫理観に背いて、浮気という背徳の行為をしている。このように思うだけでゾクゾクする人間はいます。
こうした事象が相まって、さほど魅力的ではない異性に対して浮気の炎を燃やしてしまうのでしょう。しかし障壁が無くなり見晴らしが良くなると、あれだけ魅力的に映っていた浮気相手が、何とつまらなく魅力の無い人間なのかということに気付き、失望してしまうのかもしれません。
この失望の中には、「倫理観の欠如している人間」という価値観も加わっているでしょう。つまり、本能的に「浮気をする人間は碌でもない人間だ」と感じ取ることにより、自分たちの行動と価値観に矛盾が生じてしまったということになりますね。
私はこの結論に至り、やはり浮気なんてものはするべきではないなと強く思ったものでした。

続きを読む≫ 2016/03/27 14:16:27 ws

結婚をして、結婚相手が浮気の兆候が見られており、もし浮気をしていたら離婚をしたいと考えている人もいます。そういう時に、もし、浮気をしていて離婚裁判などをやっていく時に、大事になってくる事があります。
それが、浮気をしている証拠になってきます。いくら浮気をしていても、証拠がなければなかなか離婚していくのが難しいです。もちろん、結婚相手が認めてくれたら話は早いですけど、基本的に認めてくれない可能性がありますので、浮気調査をする時に証拠を確保するという準備も必要になってきます。
例えば、浮気相手とホテルや自宅から出てくる写真や仲良くデートしている写真などが有効です。また、メールなどで浮気相手とのラブメールというのも証拠としては力を発揮してくれます。
証拠集めとういのは大変ですけど、もし裁判まで発展した時には、証拠があるかないかというのは重要になります。
結婚相手が浮気をしていた時に、自分が証拠集めをするのが手間がかかるまたは難しいと思うのであれば、浮気調査専門の探偵などに手伝ってもらいます。浮気調査料金は必要になってきますけど、きちんと証拠を集めてくれるので、力になってくれます。
このように、証拠がポイントになってきます。
また、証拠はなるべく複数準備する方が良いです。1つだけよりもいくつもの証拠があれば、裁判できちんと認めてくれる可能性が高くなってきます。もし1つだけの証拠で浮気の証拠としては弱いものであれば、浮気が認められない可能性があります。

続きを読む≫ 2016/03/06 16:51:06 ws

世間一般的には、結婚したら浮気は絶対に許されないという風潮が強いように思われます。
なので、実際には浮気をしている人もでも、もちろん自分は浮気なんてしていないし、許されないよと上辺では語っている人もいるのではないかも思うのです。
社会的立場や、子供が居れば子供の手前そんな事は秘密にしているよという人も、実際には多いのではないかと思えて仕方ありません。
人間は当たり前ですが、一人一人が違った思考を持っています。
ですから、自分は一人の人しか愛せないし、他の異性にはそれ程興味がないという人もいるでしょう。
しかし一方では、パートナーを愛しているけれど、浮気は別の話しで他の異性との一時を楽しみたいと思っているのが現実でしょう。
それぞれの人生ですから、浮気をする人しない人が、どのような人生を送るのかは分かりません。
ですから、パートナーが浮気をしたとなった場合、許すか許さないかの判断次第で、また平穏な人生が送れるかもしれませんし、どん底に突き落とされたような生活が待っているかもしれません。
しかし、その人がその後の生活も想像した上での覚悟が多少なりとも出来ているのであれば、浮気をしても良いのではないかと思うのです。
浮気をされた側からすれば、溜まったもんじゃないと言う見解になるでしょうが、それが赤の他人と一緒について生きていくという事の難しさの一つでもあるのではないかと思います。
出来心でついつい浮気してしまったというケースもあるでしょうから、その場合は本当にパートナーにバレない事を願うしかないとしか言いようがありません。 

続きを読む≫ 2016/02/25 15:00:25 ws

私は子供のころの記憶では、なぜか母親の記憶がほとんどないのです。
母親は、父親の経営する商売がいやだといって、毎日口論していたことは覚えています。
親が毎日口論しているような有様でしたので、学校から帰ってきても楽しい感じはありませんでした。
母親は、料理もあまり上手ではありませんでしたので、それも父との口論の原因の1つだったような気がします。
結局は、親は私が11歳になってから離婚してしまったのでした。
母親が家を出ていって、実家にもどっていったのでした。
その時は、寂しいとは思いませんでしたし、気分的にすっきりしました。
私はそんな親の姿を見て育ってしまったので、結婚に関していいイメージをもっていませんでした。
自分は、結婚してもきっとうまくいかないような気がしていました。
中学生になってから、クラスの男子生徒を好きになってしまって、片思いをずっとしていました。
でも高校生になって、彼と偶然会うことがあって、付き合うことになったのでした。
彼は、穏やかなな温厚な人でしたので、ずっと一緒にいたいなと思いました。
でも1年半ほどで、自然消滅してしまったのでした。
原因はなんとなくわかっていましたので、悲しい気持ちでいっぱいでした。
大人の関係になることが怖くて逃げた自分に原因があったと思いました。
私は24歳で同じ会社の人と結婚しましたが、結婚しても家事をやらずに暴言を吐く夫と口論が多くなりました。

そんなとき、初恋の彼に電話をして愚痴を聞いてもらっていました。
1年ほど電話での交流がありましたが、「会おうか」といわれてしまって、彼と再会して浮気するようになりました。
月に2度ほどあっていましたが、自分では浮気しているという概念よりも普通の恋愛と同じだと思っています。
彼とは相性がよくて8年も浮気してしまっています。

続きを読む≫ 2016/02/24 17:17:24 ws

私には旦那がいます。結婚して5年になるのですが子どもはいません。旦那の帰りがいつも遅くて、私への態度も何となく変わった気がして、私は旦那の浮気を疑いました。女の感というか、旦那が浮気をしてるという自信がありました。私は旦那がお風呂に入っているときに、旦那の携帯をチェックしました。すると女性とのメールを頻繁にしていて、お財布の中にも女性と食事をしたようなレシートが入っていました。私はそれを見てショックを受けてしまいました。旦那がもし浮気をしていたら離婚をしたいですし、その証拠をつかむためにも私は浮気調査を依頼しようと思いました。
私は浮気調査をしてもらいに、探偵社に行きました。初めてのことだったので緊張しましたが、浮気調査の専門の方がちゃんと説明をしてくれて、話を聞いていても安心できました。浮気調査でお金はかかってしまいますが、旦那の浮気をこのまま見過ごすことは出来なかったので、私は浮気調査を決断しました。
それからは浮気調査の方に任せました。最終的には旦那の浮気現場を写真で報告されて、旦那は若くてキレイな女性と浮気をしているということがわかりました。私は浮気調査で得た証拠を元に旦那と離婚をしようと思いました。
浮気調査をするとアフターフォローもちゃんとしていますし、弁護士なども紹介してもらえます。浮気調査をして、ちゃんと離婚の相談もできて良かったと思っています。浮気をされていたことは許せませんが、ちゃんと解決して良かったです。

続きを読む≫ 2016/02/19 18:28:19 ws